01.王女と新しい仕事 i

戴冠、或いは暁を待つ

 領主邸の囲いの中には、本来なら三棟あるはずの建物がふたつしかない。領主が住んでいたはずの邸宅がないからだ。
 それは燃えてしまったのだ、と教えてくれたのはハイロである。けれども残るふたつの建物には、焼け跡どころかいぶされた様子もなく、ましてや消火に伴う水害の気配もない。まるで領主邸だけが突如燃え出し、炎とともに消えたよう――石造りの土台を見るたび、いつもそんなことを考える。そしてその考えはおそらく、まったくの誤りではない。
 毎回のようにそこまで思索を巡らせてから、僕は手にした本をアマリエへ渡す。帰りしなに彼女と合流したときの、お馴染みのやりとり。
 クロイツと呼ばれた魔術師は、特になにを言うでもなくそれを見ていた。
「――仲いいの、あいつと」
 よく通る声が空を震わせたのは、アマリエが宿舎のほうへ去って行くのを見届けてから。
「ええ、まあ。悪いほうではないと思います」
 応じる僕の声もまた、けっして高いほうではなかった。
 女というよりは男に近く、変声期の渡河とかも感じさせない少年の声。僕のきょうだいはそのような声で、僕はそれを真似しているのだから、当然の話である。
「別に改まらなくたっていいぜ。どうせ同じくらいの年だろ」
 魔術師が黒いまなこを細めるのを見取って、僕は首をかしげた。
「僕は十七で、あなたよりも年上だと思うけれど」
「俺は十八。大体同じってことだ」
 ついでおや、と瞠目する。もう少し幼いように見えたが、彼はちょうど成人だ。
 けれどもそれは敬意を払う理由にはなり得そうにない。たった一年の年齢差でわあわあと騒げるほど、僕らは互いに幼くないのだから。
「なら、お言葉に甘えて」
 僕がそう告げると、クロイツはアマリエと逆方向へ歩き出した。向かう先にあるのはこの敷地にあるもうひとつの建屋――すでに働き手の帰った役所である。僕の後見人は軍人であるが、彼は宿舎ではなく、役所の一室で起居しているのだった。
 ゆえに僕は特に気にすることもなく、クロイツの足取りを追うことにする。仮にも僕はエクリールの許で仕事をしているのであるから、仕事の結果は都度、報告に行くのが鉄則なのだ。おそらくはクロイツも似たようなものだろう。
 もっとも彼の場合はなにを思ったか、途中から地面を歩くことをしなくなったが。
「ところで、俺もおまえのことルカ様って呼ぶほうがいいのかね」
 領主邸の土台の上から降る声に、僕は苦笑を返す。前を向いたまま首を横に振り、それからこちらを見下ろす白面を見上げた。
「ルカでいいよ」
 よくよく見れば、外套の白い布帛ふはくの端から零れた髪は黒色をしている。同時にこちらを見る瞳もまた、水底めいた黒だった。どちらも影になってそう見えるというのではなく、正真正銘の夜闇の色。あるいは僕らがあがたてまつる、偉大な獣がまとうと言われる色だ。
 魔術師たちが使う魔術とは、かの獣の力をうつへ示すものであるがゆえ、黒髪黒瞳こくはつこくとうの者は大成すると聞く。その影響からか、この国において黒髪黒瞳の人間は滅多に生まれない。
 つまり、エクリールはずいぶん貴重な魔術師を見つけたというわけだ。
 そんなことを考えながら、僕は役所の裏口の前に立つに至った。クロイツは外套の裾を揺らして、音もなく土台の上から降りて来る。白魚しらうおにも似た指先が開いた扉の向こうには、無人であるがゆえの静寂だけがあった。
 もしこの静寂に色があるのなら、それはきっと暖かな飴色だ。僕が王宮で慣れ親しんだ類の、張り詰めたような寒色の静けさではない。そのように思える。
 クロイツはその静寂の中を、慣れた足取りで歩いて行く。彼の背中を追いながら、僕は少しだけ懐かしいひとのことを考えた。眼前の彼とはまた別の、黒髪黒瞳の魔術師のことを。
 ――僕は、そのひとを先生と呼んでいた。もうちょっと改まった尊称で呼ぶこともあったけれど、僕らはその呼び名が気に入っていたもので。
 お元気かしらと思案しながら廊下を抜け、角を曲がり、階段を登る。
 それからふたたび廊下。突き当りを曲がったその先こそ、僕らが揃って目指す場所――邸宅とともにあるじを亡くしたトゥーリーズの、新たなあるじの住まいである。
 彼はアマリエとクロイツの主人であり、同時に先生の友人だった。その縁があって、今の僕は彼の庇護下ひごかで暮らすことがゆるされている。
「大将」
 小さな声で呼ばわって、クロイツは拳で木戸を叩いた。もっともエクリールは大将ではないので、これも愛称のようなものだろう。
 そのようなことを思いながら見守る後ろ姿は、返答がないことに舌打ちを漏らした。
「大将、いるか」
 返答はなかった。クロイツはもうひとつ舌を打ったかと思うと、ドアノブの上を強く殴打する。さらにはノックへのいらえを待ちもせず、ドアノブを掴んでひねる。
 にわかに鼻の奥がつんとするような、冬のはじめの空気に似た香りがした。
 やや遅れて目に映るのは、扉の向こうから溢れた白い煙。じっと見つめているとひどく目にみた。
 そしてクロイツの側は、ささやきよりもかそけき言葉でそれを迎える。言葉とともに右手を薙ぐと、閉じ切られた空間に風の気配が湧いた。その起点となる手を掲げたまま、彼は大股に室内への侵入を果たす。
「ひとを呼ぶなら換気ぐらいしとけって何回言えば覚えるんだ、あんたは」
 煙が押し流されたのを見て取り、僕は室内を覗き込んだ。すっかり日の落ちた部屋の中はひたすらに暗く、誰かひとがいるようには見えない。
 ――などと考えていたら、天井から吊るされた角燈に明かりがいた。わずかばかりの青みを帯びた、目に目映まばゆいほどの白い光が落ちる。
 その光源の下へと座した部屋の持ち主は、慌てるふうもなく銀の煙管をくわえている。
「俺は不本意なんだからな、こういう仕事は!」
 クロイツは足取荒く、部屋の奥にある窓へと近づいた。そのまま左手で窓を上へ跳ね上げて、右手でなにかを投げる仕草をする。刹那に背後から強い風を受け、僕のほうは蹈鞴たたらを踏んだ。一拍遅れて、どこか白く濁ったようだった室内の景色が明瞭になる。
「わざわざ僕がそこまで歩いて行って窓を開けるより、おまえがやってくれるほうが何十倍も早いよ、クロイツ。いつも助かってる」
「そういう話じゃねぇ!」
 クロイツは語気の割には静かに窓を閉め、錠をかけ直した。彼がそのまま窓際で腕を組むのに合わせて、僕も自分の意思で部屋の中へ踏み入る。
 とたんにエクリールは、角燈を眺めていた目線を僕へ移した。
「帰りが遅くなりました」
 文机越しに向けられた目線は、けっして鋭くない。角燈の明かりと同じく、ぼんやりと柔らかくさえあった。
 しかしながらそこに妙な威圧感が同居しているのは、きっとそれが片方しかないせいだ。
 エクリールは隻眼である。今日はその左目に、白い布が巻いてあるのが見て取れた。
「――それについては、だいじょうぶ。別段、急ぎの用ではないからね」
 言って彼は煙管を唇から外し、ましろの煙を吐いた。
 いぶしのない白銀しろがねの延煙管はすらりと細く、花枝の間をたわむれる蝶の絵図が彫られている。宝石の表面を磨いて切るのと同じように、細かな直線を連ねて描かれた図柄だ。呼吸に合わせて先端が揺れる度、複雑にねる光がそれを彩る。
 そんな煙管を銜え直してから、お座り、と彼は言う。
「しかし、ふたり揃って来るとは意外だったな」
「――帰りしなに会ったのです。偶然」
 文机を挟んだ席に腰を下ろして、僕はクロイツのほうを見た。――僕の母が所有していた少女人形にも似た上品なつくりの顔で、彼はじっとエクリールの後ろ頭を見ている。
 その顔が不意に動いて僕のほうを向き、それでよしとでも言いたげに首肯した。
「へぇ、そうか、なるほどね」
 エクリールもまたうなずいて、背後の青年のほうに目を向けた。
「紹介が遅れたが、あれは僕の雇っている魔術師だ。君が来る少し前からアルシリアのほうへつかいにやっていたのだけれど、このたび呼び戻すことにしてね」
 隻眼であるがゆえに、エクリールは上体をひねらなくては後ろが見えない。おかげで今度は僕が彼の後ろ頭を眺める番だった。
 艶のない髪は、煙管の白銀よりも白が勝った色をしている。今は見えない隻眼は、この室内に落ちる光を集めて煮詰めたような、澄み渡った空の色。どちらもエクリールの生家においてはよく見られる特徴である。
 それらが妙に人間味の薄い色合いに見えるのは、なにも僕の気のせいだけではない。
 エクリール・ハーウェンが生をけた伯爵家は、ヒトとふるい獣の混血の家系だ。
 旧い獣というのはつまり、僕らが竜と呼ぶ存在の血を色濃く残す、直系の子孫である。エクリールはヒトよりそちらに近い、いわゆる先祖返りというやつだった。
「それはともかく、仕事のほうはどうだい」
 けれども彼は、寝物語に聞く旧い獣のように恐ろしくはない。むしろヒトのように、あるいはただの獣のように、気安く言葉を発する。
「楽しいです」
 だからこそ僕の側もまた、気負うことなくそれに応じることができる。
 こちらの答えを聞いたエクリールは悠々とうなずきつつ、文机のほうに向き直った。煙管の中身をはいきへ落とし、火皿にたばこではない葉を詰めて、深く吸い直すまでがひと続き。
 窓の横の壁に背中を預けたクロイツが、煙の向こうで咎めるように目を細めた。
「楽しいならなによりだ」
 配下の魔術師の態度にはなんら構うことなく、エクリールは笑う。――この笑みを見るたびに、僕はどうにも申し訳のない気分がするのだった。
 なにせ僕は、今日も一日あの鍛冶工房に籠もり切りだったのだ。ついでにいうなら昨日も一昨日おととい一昨々日さきおとといも、それよりうんと前も同様である。
 善き統治者であることを望むのならば、なによりもまず市井について学びなさい――というのが先生の口癖くちぐせだった。それを受けての〈仕事〉がろくにできないのは、単に僕がひと付き合いというものを苦手にしているためである。面を伏せる寸前、ふとかい見えた魔術師の整った顔には、怒りとも呆れともつかない色が浮かんでいたように思う。
「特に報告すべきことがないのは、なにも悪いことではないからね」
 けれども、エクリールから投げかけられる声音はおだやかだ。普段ならこれを以て、僕の仕事の報告は終わる。しかしながら今日は違った。
「あんまり甘やかしてんなよ、大将」
 かくと言い得るものを奥底で燃やす声音が、僕の鼓膜を震わせる。
 おだやかさとは無縁の声音はそれでも、純銀の鈴を転がすにも似た清らかさ。常々の銜え煙管のせいでかすれてしまったエクリールのものとは、似ても似つかぬ声であった。
「そこまで言うのなら、君のほうは相当真面目に仕事をして来たのだろうね?」
 むしろエクリールの場合は、内面の怒りの分だけ声音が平坦になる。幾度となく聞いたはずの声に背筋が粟立った理由は、彼の声がいつも以上に平坦であったという一点に尽きる。
 しかしながら、それをぶつけられた当人であるクロイツは、ひとつ鼻で笑ってみせた。
「王都はな、アルシリアから見てても普段どおりに変化なしだ」
「君は近ごろ、手紙でも毎回それで済ませるな。やる気は?」
「なし。でもな、報告がねぇのは俺のせいじゃなくて、なにもねぇ世間が悪いんだぞ」
 エクリールが振り返る。開き直りと呼ぶには堂々とした態度で、彼はエクリールの空色の目を見返す。かくして両者、見合うことしばし――先に目を逸したのは隻眼のほうだった。
 あざやかな青の眼が、また僕のほうを見る。
「ルカ」
「はい」
 僕から返した声は、ずいぶんと硬質な響きを帯びていた。
「実のところ僕は、こいつを王都の見張りとして山向のアルシリアに遣わせていたんだ。忙しいぶん、そこで少しは真人間になるかと思っていたんだけど、見通しが甘かった」
 言わんとしていることを測りかねて、僕は首をかしげた。
「端的に表現すると、まぁ、相当ひどい」
 一拍と言わずたっぷりひと呼吸の間を置き、ハイロの声が脳内に蘇る。
 また暴力沙汰でにされたのか、とあの獣は言った。だから、眼前の青年にはそういう類の前科がある。そこまでを考え、僕は傷跡ひとつない端麗な容姿から視線を外した。
 古馴染みの佐官の姿を正面から見据えて、続くであろう言葉を待つ。
 エクリールはまたひとつ煙をんでから、骨色の指先で煙管を摘み上げた。
「なので、本当はふたりには別々で話したかったんだけれど……」
 すべらかに吐き出される言葉には、白く色がついている。けれどもそれは彼が吸う香薬の煙の色であって、冷気にこごった白ではない。
「君にね、暇ならこいつの目付けを頼みたいんだよ」
 獣ともヒトともつかない身体を支える薬の煙は、よく見れば仄青ほのあおの色を帯びていた。紗幕しやまくめいたその色を通して見るエクリールには、王都にあって病弱で鳴らしていた経歴がある。
 それを踏まえて考えるに、彼が言いたい真実はこうだ。
 ――いよいよ自分の身体にさわるような塩梅になって来たから、彼をどうにかしたい。そのために、自身にとって毒にも薬にもならない僕を使いたい。
 なにせ僕はエクリールが後見している、お忍びの貴族の庶子ということになっている。それが側で目を光らせているのであれば、エクリールの配下である以上、わざわざ暴力沙汰へ飛び込んで行くような真似はしないだろう。要するにていのよい足枷になり得る。
 彷徨さまよわせた目線が捉えるのは、冬の香りの白に霞む飴色の家具と香染こうぞめの壁の色。さらに意味もなくうろうろ動いた末に、薄らぐことのない黒を見る。目が合った。
 すかさず彼は片眉を上げると、唇だけを動かす。なにか答えろ、もしくは喋れ。
 その命令に応じる解を捜しつつ、僕はふたたびエクリールを見やった。彼は僕に答えを促そうという気配を見せない。折れそうに細い首をかしげ、おとなしく答えを待っている。
 対して僕は大きく肺腑へ空気を吸い込んだ。間髪入れずに吸い込んだ煙が血流に乗ってぐるぐると回る感覚。滲むような痛みが頭の奥に湧いたのは、僕の先生曰く、この薬がろくでもないからだろうと思う。
「クロイツと、話をしても構いませんか」
 辛うじて吐き出した言葉に対し、白銀しろがねの頭が縦に動いた。その背後に控えたクロイツが歪に目を細めた事実については、さしあたって無視を決め込むことにした。

タイトルとURLをコピーしました